Aruduino 電子工作 電光掲示板 試作 途中経過 その1

記事公開日:2015年6月1日
最新記事では、Arduino UNO よりも小型で安価、しかも Wi-Fi モジュール付きの ESP-WROOM-02 ( ESP8266 )を使って、スマホとリアルタイム通信して、電光掲示板を作ったりしています。
ず~と下にリンクがありますので、合わせてそちらもご参照ください。

以下、古い記事のままです。

スポンサーリンク


こんばんは!!
まだ、ブログを立ち上げてから間もないのですが、
Arduinoを用いた電光掲示板
の電子工作にドップリはまっていて、未だに完成していないのですが、
とりあえず、途中経過をアップします。
今は、こんな感じです。

web_kanban_all01.jpg


使っているものは、

Arduino Mega
Arduino Pro mini
Ethernet Shield
リアルタイムクロックモジュール(秋月さん)
EEPROM 24fc1025
8×16 LED ドライバモジュール(adafruit ) (IC: HT16K33)
8×8 LED ドットマトリックス

こんな感じです。
まだ、動画のアップまで手が回らないので、近々アップしたいです。
私は、こういう組み込みマイコンや電子機器のプロではないので、
ここまで来るまでに相当苦労しました・・・。
電子機器を作っているメーカーの人たちに本当にスゴイ!!
と改めて感じました!!  尊敬します!!!
これを作るまで、ネットやブログの様々な先人たちの知恵を拝借させていただきました。
まず、フォントはフリーの美咲フォントを使わせていただきました。
これは、素晴らしいの一言です。
半角文字も全角とよくマッチしていて、とても感心してしまいました。
このフォントが無ければ日本語の8ドットの電光掲示板を作ることは
とてもできなかったと思います。
これがフリーということがまた素晴らしい
アマチュアの電子工作にとってはとてもありがたいです。
感謝いたします!!
その他、参考にさせていただいたサイトは近々紹介したいと思います。
動作については、Android のスマホからテキストを入力すると、
電光掲示板文字をスクロール表示するところまできました・・・!
電源を立ち上げたら、NTPサーバーから時間を取得して、自動で時刻を合わせ、
スマホのブラウザから、タイマー時間とテキストを入力して、
イーサネットシールドのSDカードに記録して、それを読み取って、
I2C通信でEEPROMを読み込んで、電光掲示板に表示させて、
そんでもって、スクロールするとこまでいきました。
タイマー設定ができるようになるまで、あともう少し・・・。
最初はなんとしても Arduino UNO でやろうとしたのですが、
文字処理でSRAMが圧倒的に足りないので、Mega にしました。
自作シールドはこんな感じです。

shield01.jpg


この詳細はいつかアップしたいです。
ちなみに、LEDドットマトリックスを青色に交換するとこんな感じです。

led_blue01.jpg


これは、Adafruit 社製の8×16LEDドライバーモジュールを使っていますが、
ドットマトリックスとの配線がとんでもない状態

カオス!!

caos01.jpg


になり、
これをハンダ付けするのは大変だったので、自分で基板を設計して、P板ドットコムさんに製造を発注しました。
この時に初めて基板を設計して発注したのですが、自分の設計に問題があり、また発注し直します。
いや~~、 アマチュアが気軽に基板を発注できるいい時代
になったなぁとつくづく感じました。
また、スタッフの対応が素晴らしく、初心者でも問題なく発注できました。
みなさん、おすすめです!!
いつか、基板についての記事も書きたいと思います。
ちなみに、使わないと思いますが、赤と青を交互にいれるとこんな感じです。

led_blue_red01.jpg



フォントも半角と全角が一応文字化けせずに表示できています。
いゃ~~~、文字列処理がこんなに大変だとは知りませんでした!!!
近々、その方法についてもアップできたらと思います。
では、また・・・。

スポンサーリンク


(関連記事)
つづき、動画アップしました。Arduinoタイマー付きLED電光掲示板 試作完成 その4
つづき、Arduinoタイマー付きLED電光掲示板 試作完成 その3
Arduinoタイマー付き電光掲示板 試作完成!! その2
Arduinoタイマー付き電光掲示板 試作完成!! その1
3Dプリンターでボタン出力
3Dプリンターの反り対策について
3Dプリンター PLAフィラメントについて

最新記事では Arduino UNO よりも小型で安価、しかも Wi-Fi モジュール付きの ESP-WROOM-02 ( ESP8266 )を使って、スマホで Wi-Fi リアルタイム通信して電光掲示板を操作できました。
以下の記事も参照してください。
鉄道 JR風 有機EL 電光掲示板を作ってみた。(スマホで編集できて、Yahoo! ニュースも表示できる)
大き目ドットの有機EL, WS0010 で Yahoo ニュース リアルタイム 電光掲示板を作ってみた
Twitter 検索結果のツイートを有機EL ( OLED )に表示させてみた( ESP-WROOM-02 ( ESP8266 )、SSD1351 使用)
FRISKケースにESP-WROOM-02開発ボードとOLED( SSD1306 )を入れてみた( Webニュースミニ電光掲示板 )
自作LED電光掲示板に Yahooニュースや 天気予報 を表示させ、さらに NTP 時計機能追加しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください