スポンサー リンク

Google Home の声で知らせる自作 IoT ガス・温湿度報知器 ( M5Stack , BME680 使用 )

投稿日:2018/8/11
修正日:2018/9/26

M5Stack ( ESP32 ) とガス・気圧・温度・湿度センサ BME680 ( BOSCH )で異常値を検知したら、Google Home に自発的に警報を喋らせてみました。そして M5Stack からアラームも鳴らせてみました。そして、クラウドサービスの Ambient にもデータを送信していて、スマホでチェックできます。まさに IoT センサ報知器です。

ESP32 および M5Stack で Google Home を自発的に喋らせる実験

投稿日:2018/8/6
修正日:2018/9/26

ESP32 および M5Stack を使って、Google Home に自発的に好きな言葉を喋らせる実験です。「OK. Google」という呼び出し不要です。ラズパイは使いません。ESP32 用の google-home-notifier を使います。クラウド環境も不要です。素晴らし過ぎます。

Google Home と ESP32 で、音声をテキスト表示させた WiFi 電光掲示板を作ってみた

投稿日:2018/1/18
修正日:2018/9/26

Google Home と ESP32 ( ESP-WROOM-32 ) で喋った音声をテキスト変換して OLED SSD1306 へスクロール電光掲示板表示させてみました。Firebase を使っているので、世界中のどこからでもメッセージを送れます。Google Home 本体が無くても、スマホからもメッセージ送信できます。

ESP32 単独で センサー値 を Google Home に喋らせる実験( Dialogflow , Firebase , Actions on Google 設定編 )

投稿日:2017/11/15
修正日:2018/10/10

Wi-Fi マイコン、ESP32 ( ESP-WROOM-32 )のセンサー値を Google Home に読み上げさせる実験です。今回は Dialogflow , Firebase , Actions on Google 編です。単純な HTTP GET で Realtime Database の値を更新し

ESP32 単独で センサー値 を Google Home に喋らせる実験( Google Cloud Platform 設定編 )

投稿日:2017/11/9
修正日:2018/9/26

ESP-WROOM-32 ( ESP32 ) に接続したセンサー値を Google Home に喋らせるためには、Google Cloud Platform ( GCP ) を使用します。ラズパイやIFTTTは使いません。まずは、その設定方法や登録方法を説明します、この続きは次回以降段階的にアップしていきます。

Google Home Mini を使って、声で ESP32 の LED を光らせてみた

投稿日:2017/10/29
修正日:2018/9/26

Google Home Mini と ESP-WROOM-32 ( ESP32 )で連携して、声でLED の明るさを調節することができました。正に IoT です。2つのクラウド系サービスと使わないと連携できませんでした。IFTTT と Blynk を使います。なかなか難しいです。

Google Home Mini を使ってみた

投稿日:2017/10/25
修正日:2018/9/26

Google Home Mini をレビューしてみました。電子工作家の視点からも少々入ってます。音声認識技術が素晴らしく、将来的なポテンシャルがかなりあると感じました。英語の練習や介護などにとても役立つツールになりそうな気がしていて、感動してしまいました。スマホアプリの使い方も少々紹介。