スポンサー リンク

M5stack ( ESP32 搭載 ) を分解したり電源を入れてみて、いろいろ思ったこと

投稿日:2018/4/6
修正日:2018/4/15

M5stack ( ESP32 , 9軸加速度、ジャイロ、磁気センサー付き)を初めて電源を入れて動かしてみました。また、分解して使われているパーツを確認してみました。中国製パーツがいっぱいありました。売れる要素盛りだくさんで、エネルギーを感ぜずにはいられない・・・。

asap X-Connect を使ってみた。スッゴイ便利!

投稿日:2017/12/27
修正日:2018/3/15

最近 Amazon で発売されたネオジム磁石USBケーブル、asap X-Connect を使って見ました。驚くほど正確に引っ付きます。そして、上下逆挿しでもOK。大電流すまほ充電も、データ通信もOK。電子工作用の開発ボードに使っても結構イイかも。

Twitter API から Arduino – ESP32 を使ってトレンドツイートを取得してみた

投稿日:2017/12/6
修正日:2018/3/20

Arduino – ESP32 を使って、Twitter APIs からトレンドツイート、トップ10を取得してみた。OAuth 認証に必要な HMAC-SHA1 方式関数を、Mbedtls ライブラリを使うことで実現できました。そして、UTF16 文字列を UTF8文字列に変換して・・・

ESP32 単独で センサー値 を Google Home に喋らせる実験( Dialogflow , Firebase , Actions on Google 設定編 )

投稿日:2017/11/15
修正日:2018/4/3

Wi-Fi マイコン、ESP32 ( ESP-WROOM-32 )のセンサー値を Google Home に読み上げさせる実験です。今回は Dialogflow , Firebase , Actions on Google 編です。単純な HTTP GET で Realtime Database の値を更新し

ESP32 単独で センサー値 を Google Home に喋らせる実験( Google Cloud Platform 設定編 )

投稿日:2017/11/9
修正日:2018/3/7

ESP-WROOM-32 ( ESP32 ) に接続したセンサー値を Google Home に喋らせるためには、Google Cloud Platform ( GCP ) を使用します。ラズパイやIFTTTは使いません。まずは、その設定方法や登録方法を説明します、この続きは次回以降段階的にアップしていきます。

Google Home Mini を使って、声で ESP32 の LED を光らせてみた

投稿日:2017/10/29
修正日:2018/3/7

Google Home Mini と ESP-WROOM-32 ( ESP32 )で連携して、声でLED の明るさを調節することができました。正に IoT です。2つのクラウド系サービスと使わないと連携できませんでした。IFTTT と Blynk を使います。なかなか難しいです。

Google Home Mini を使ってみた

投稿日:2017/10/25
修正日:2018/3/7

Google Home Mini をレビューしてみました。電子工作家の視点からも少々入ってます。音声認識技術が素晴らしく、将来的なポテンシャルがかなりあると感じました。英語の練習や介護などにとても役立つツールになりそうな気がしていて、感動してしまいました。

Circuit Simulator Applet のユニバーサル基板的な使い方

投稿日:2017/9/23
修正日:2018/3/7

Webベースの Circuit Simulator Applet をユニバーサル基板的にパーツを展開して電流の流れをリアルタイムで表示させてみました。これでハンダ付けする前に配線間違いや短絡個所を確認することが出来ます。ハンダ付け作業が劇的に短縮でき、一発動作できて・・・

電流の流れがリアルタイムで分かるWebベースの 回路シミュレーター Circuit Simulator Applet 使用方法

投稿日:2017/9/15
修正日:2018/3/7

Webベースの回路シミュレーター Circuit Simulator Applet の使い方をザッと解説してみました。電流の流れがリアルタイムで表示してくれて、アマチュアの私にとってはとっても分かりやすい。そして操作がとても簡単で直感的に回路を組むことができ・・・