3Dプリンターでボタン出力

記事公開日:2015年6月19日
最終修正日:2016年12月26日

スポンサーリンク

こんばんは。
ちょっとした小ネタです。
前回の記事に引き続き、3Dプリンターで出力中の報告です。
今、押ボタンスイッチカバーを作っています。
3D_printer_020
こんなちっちゃな部品です。
これくらい小さいと安定してプリントしてくれます。
1時間もかからないです。
いろいろとプリントしてみました。
3D_printer_021
んー、どれにしよっかな・・・
実は、ただ単に下図のようにありがちな安いスイッチしか手元にないもんで、
それに代わるボタンが欲しかったのです。
こんな感じでスッポリはめてしまおうと・・・
3D_printer_023
穴の直径も、設計通りにまずますの直径6mmをたたきだしてくれました。
(もちろんサポート材をベリベリと剥がしたあとです)
3D_printer_022
うまくはまりました。
3D_printer_024
そんな感じで、安価なボタンスイッチもカバーを自作することで、結構いけます!!
これぞ、3Dプリンターならではの醍醐味ですね。
というわけで、また次回・・・。

Amazon.co.jp 当ブログのおすすめ

スポンサーリンク

mgo-tec電子工作 関連コンテンツ ( 広告含む )
(過去関連記事)→3Dプリンターの反り対策について
3Dプリンター PLAフィラメントについて
3Dプリンターでケースを作り始めました

[ホーム(home)]

投稿者:

mgo-tec

Arduino , ESP32 ( ESP-WROOM-32 ) , ESP8266 ( ESP-WROOM-02 )等を使って、主にスマホと連携した電子工作やプログラミング記事を書いてます。ライブラリも作ったりしてます。趣味、独学でやってますので、動作保証はしません。
電子回路やプログラミングの専門家ではありません。
畑違いの仕事をしてます。
でも、少しだけ電気の知識が必要な仕事なので、電気工事士や工事担任者等の資格は持ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*画像の文字を入力してください。(スパム防止の為)