スポンサー リンク

EasyWebSocket ライブラリ Beta 1.51 ( ESP32 , ESP8266 )をアップしました

投稿日:2017/4/19

ESP32 , ESP8266 とスマホ間で双方向リアルタイム通信を行う、EasyWebSocket ライブラリ Beta 1.51 をアップしました。SD カード用と SPIFFS 用( ESP8266) 両方です。SRAM 消費削減をし、デバイス側の送信レートをスマホ側で変えられるようにしました。

ライブラリを更新しました

投稿日:2016/10/18

ESP-WROOM-02 ( ESP8266 ) 用 Arduino IDE 自作ライブラリを複数アップデートしました。主にSPIインターフェース高速化とWDTエラー回避のための対策を施しました。これによって、動作が少々安定したような気がします。有機EL ( OLED ) のSSD1351 は格段にスピードアップしました。

EasyWebSocket ライブラリの使い方解説

投稿日:2015/12/1

自作ライブラリ EasyWebSocket のクラスやプログラミングなど、使い方を解説します。HTMLタグ入力する手間をできるだけ省いています。SPIFFSファイルシステムを使用してフラッシュからHTMLテキストを読みだして・・・

WebSocketライブラリ、ベータのベータバージョンを作ってみました

投稿日:2015/11/30

WebSocket 通信を行うために、Arduinoライブラリを作ってみました。ベータのベータバージョンですので、安定性はまだまだです。GitHubも初めて使ってみました。SPIFFSファイルシステムも使用してみました。これでESP-WROOM-02 ( ESP8266 )とスマートフォンブラウザで双方向ストリーミング通信がやりやすくなったと思い・・・

WebSocket でスマホから Arduino化 WROOM のLEDを調光してみる

投稿日:2015/11/5

WebSocket 通信を使用して、Arduino 化した ESP-WROOM-02 ( ESP8266 ) に接続したLEDを スマホ で Wi-Fi リアルタイム調光制御してみました。 しかも、WROOM で生成したデータも同時ストリーミング受信してスマホに表示させてます。双方向ストリーミング通信です。

Arduino化 WROOM で WebSocket データ送受信方法

投稿日:2015/11/5

Arduino化 した ESP-WROOM-02 ( ESP8266 )で WebSocket を実現させるための実データの送受信方法を私なりに解釈してみました。マスクデータの復号、PING送信など、結構難解そうですが、一度分かるとそれほど難しくないかも

Arduino化 WROOM で WebSocket ハンドシェイク 確立方法

投稿日:2015/11/3

Arduino化 した ESP-WROOM-02 ( ESP8266 )で WebSocket 通信するためのハンドシェイク(コネクション確立)方法を解明しました。ハッシュ関数、BASE64符号化など、ちょっと難解ですが、これさえできればWebSocketは怖くないです。

ついに WebSocket 通信が Arduino 化した WROOM で出来た

投稿日:2015/10/21

まだテスト段階ですが、Arduino 化した ESP- WROOM -02 ( ESP8266 ) とスマホブラウザ( Android Google Chrome )で、ついに WebSocket 通信ができました。なんと、双方向ストリーミング通信です。

WROOM で WebSocket ハンドシェイク までこぎ着けましたが、

投稿日:2015/10/15

双方向通信の WebSocket を ESP- WROOM -02 ( ESP8266 ) と スマホ ブラウザ で実験してみました。ようやく ハンドシェイク までこぎ着けましたが・・・