自作ライブラリ ( M5Stack , ESP32 用 )を HTML カラーコード入力できるようにしてみた

投稿日:2018/10/15

M5Stack および ESP32 用の 自作ライブラリを、HTML カラーコードで入力できるようにしてみました。日本語漢字文字列表示や、電光掲示板スクロールのプログラミングが格段に簡単になったと思います。グラフィック表示も HTML カラーコード対応してみました。Webとの連携がし易くなります。

M5Stack ( ESP32 ) のボタンで記事を選択できる Yahoo News 電光掲示板 天気予報 Watch

投稿日:2018/10/8
修正日:2018/10/13

M5Stack のボタンを押すと、記事を選択するセレクトボックスが表示できる、Yahoo News 天気予報 Watch を作ってみました。ESP32-DevKitC と ILI9341 モジュールでも同じことができます。News記事も2行にしました。自作ライブラリもシンプル化して、文字表示し易くなったと思います。

ESP32 および M5Stack で数時間後に Web 記事取得失敗する問題について

投稿日:2018/9/25
修正日:2018/9/29

M5Stack や ESP32 で、Arduino – ESP32 を使って Web 記事から定期的に記事を GET していると、数時間後には記事取得失敗します。これの原因がようやくわかってきました。 WiFiClientSecure を使っていて、省電力化の為に WIFI_OFF にするとその現象が出ます。

Firebase Realtime database を使った ESP32, M5Stack, スマートフォン相互通信してみる

投稿日:2018/9/21
修正日:2018/9/27

Firebase Realtime database を使って、ESP32-DevKitC, 2台の M5Stack, Android スマホ, iPad の計5台のデバイス間で相互通信して、電光掲示板スクロールさせてたりしてみました。スマホ側のブラウザでは、Color Picker を使うことにより、中間色設定が直感的に設定できるようになりました。

Firebase Realtime Database をスマホで操作およびストリーミング受信する実験

投稿日:2018/9/11
修正日:2018/9/19

Firebase Realtime database を操作するために、HTML と JavaScript でプログラミングして、Android スマホや iOS iPad、そして Windows PC とリアルタイムデータ送受信してみました。かなり高速でデータ反映してくれます。ストリーミング受信してくれます。

Google ドキュメントの音声入力・音声認識に感動! 自分的ブログ作成大革命

投稿日:2018/9/5
修正日:2018/9/27

Google ドキュメントで音声入力テキスト変換を体験して、AI の音声認識の凄さに感動してしまいました。腱鞘炎でキーボードを叩くのが辛い状態で、とっても助かったし、キーボードを叩くより断然効率が良く速い。しかも変換精度抜群です。長文テキスト入力で疲れた方のお薦めアイテムです。

Firebase Realtime Database のデータ保存、取得、ストリーミング受信実験( ESP32 , M5Stack )

投稿日:2018/9/1
修正日:2018/9/30

これからの時代は Firebase です。特に Realtime database はストリーミング配信の EventSource / Server-Sent Events をサポートしていて、パソコンやスマホのブラウザに即データを反映してくれます。ESP32 や M5Stack にも即反映します。更に、HTTP通信のリクエストだけでデータベースの内容を書き替えられます。

note と pixiv Fanbox はじめました。~ブログ執筆の辛さ~

投稿日:2018/8/24
修正日:2018/9/6

note および pixiv Fanbox 始めました。電子工作およびプログラミングのブログ維持運営が厳しくなってきたので、支援を募りたいと思い至りました。このブログ運営の辛さを語っていますが、もっと辛い立場の人たちからしてみれば、まだ甘いのかも・・・。

アイロンビーズ ( パーラービーズ )で簡単手軽なセンサ用ケースを作ってみた

投稿日:2018/8/16
修正日:2018/9/27

アイロンビーズ(パーラービーズ)で、Pimoroni 製 BME680 センサモジュール用ケースを自作してみました。実に簡単手軽に作れます。3Dプリンターよりも簡単です。その他、GROVE コネクタで M5Stack に接続するようにして、既製品に負けないくらいの仕上がりになり、自己満足です。

Google Home の声で知らせる自作 IoT ガス・温湿度報知器 ( M5Stack , BME680 使用 )

投稿日:2018/8/11
修正日:2018/9/26

M5Stack ( ESP32 ) とガス・気圧・温度・湿度センサ BME680 ( BOSCH )で異常値を検知したら、Google Home に自発的に警報を喋らせてみました。そして M5Stack からアラームも鳴らせてみました。そして、クラウドサービスの Ambient にもデータを送信していて、スマホでチェックできます。まさに IoT センサ報知器です。