ESP32 単独で センサー値 を Google Home に喋らせる実験( Google Cloud Platform 設定編 )

記事公開日:2017年11月9日


スポンサーリンク

3.Google Assistant を有効にして、認証情報を作成する

では、このプロジェクトで、Google Assistant を有効にして、認証情報を作成します。

認証情報とは、Google Assistant 使用のパスワード発行のようなものです。
それと、最近の WEB通信では SSL 通信が必須となっているので、CAルート証明書が必要です。
それらを、このプロジェクトに紐付けて認証キーを発行するということです。

まず、下図の様に「 APIとサービス」をクリックして、「ダッシュボード」を選択します。

google_cloud_platform08.jpg


下図の様に「API と サービスの有効化」クリックします。

google_cloud_platform09.jpg


下図の様に、検索欄に「Assistant」と入力すると、Google Assistant API ブロックが出てきますので、それをクリックします。

google_cloud_platform10.jpg


すると、下図のようになるので、「有効にする」をクリック

google_cloud_platform11.jpg


すると、下図の画面になるので、右端の「認証情報を作成」をクリックします

google_cloud_platform12.jpg


すると、下図の画面になるので、「APIを呼び出す場所」を
「その他の非UI」
を選択し、
「アプリケーションデータ」
「いいえ、使用していません」
にチェックします。

そうしたら、下図の様に「必要な認証情報」をクリックします。

google_cloud_platform13.jpg


すると、下図の様な画面になるので、役割のところを「プロジェクト」の「オーナー」にしてください。

google_cloud_platform13_1.jpg


サービスアカウント名は世界中の他のユーザーと被ってしまうと選択できないので、名前をいろいろ工夫して入力してください。
下図の様に、キーのタイプは JSON としてください。
終わったら「次へ」をクリック

google_cloud_platform14.jpg


すると、サービスアカウントキーが作成されて、Windows10 の場合はダウンロードフォルダにダウンロードされます。

google_cloud_platform15.jpg


ダウンロードフォルダを見ると、xxxx.json という、JSON形式のファイルがあります。
これは無くすと二度と起動できなくなるので、無くさないようにしてください。
それと、ファイル名は変えないように注意して下さい。

google_cloud_platform16.jpg


このファイルをテキストエディタで開いてみると、下図の様になっています。
秘密鍵なので、塗りつぶしています。

google_cloud_platform24.jpg


認証情報作成終了すると、下図の様に認証情報欄でキーが作成されていることが分かります。

google_cloud_platform17.jpg


4.Google Cloud Storage の設定、およびバケットを作成

Google Cloud Platform 上で、いろいろなプロジェクトを使うために、データを保存できるCloud ストレージを使えるようにしておきます。

まず、ホーム画面から左上端の三本線のところをクリックしてメニューを開き、「Storage」をクリックして、「ブラウザ」をクリックします。

google_cloud_platform40.jpg


すると、初めて Google Cloud Storage を使う場合は、下図の様に「課金を有効にする」をクリックしてください。
先ほども説明したように、Google Cloud Platform は12か月間無料で、300ドル分のクレジットがあります。

google_cloud_platform40_1.jpg


次に下図の様なところをクリックし、バケットというものを作成します。

google_cloud_platform41.jpg


次に下図の様に、バケット名を好きな名前で入力してください。
そして、「Multi-Regional」を選択し、ロケーションを「アジア」にして、「作成」をクリックします。

google_cloud_platform42.jpg


そうしたら、下図の様にバケットが作成されているのが分かると思います。
これで、Google Cloud Storage の設定は終了です。
次に、下図の様なところをクリックして、Cloud Shell コマンドラインを開きます。

google_cloud_platform43.jpg


次の項では、gcloud 認証を行う方法を説明します。


スポンサーリンク


「ESP32 単独で センサー値 を Google Home に喋らせる実験( Google Cloud Platform 設定編 )」への2件のフィードバック

    1. ほりひろさん

      当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
      お返事おそくなりすみません。
      今、いろいろあって、検証する時間がありません。
      手が空いたら、使ってみたいと思います。
      とりあえす、Twitter でツイートしておきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください