Arduinoの電圧をiOSやAndroidブラウザにグラフィック表示(Server-Sent Events,Canvas使用)

記事公開日:2015年7月11日
最終修正日:2016年12月26日

Arduinoのアナログ入力の電圧値をServer-Sent Eventsを使ってスマートフォンのブラウザにデータを送り、JavaScriptのCanvas要素を使うととてもキレイなグラフィック表示ができます。けっこうリアルタイムで追従してくれます。

ArduinoからiOSやAndroidブラウザへリアルタイムデータ通信(Server-Sent Events使用)ができました。

記事公開日:2015年7月10日
最終修正日:2016年12月26日

ArduinoとEthernetShieldを使ってアナログ入力の電圧値をスマホブラウザ(iOS,Android)にリアルタイムストリーミングデータ表示させることができました。JavaScriptのServer-Sent EventsをArduinoで使うことに初めて成功しました。スマホアプリは一切使ってません。

Arduino からブラウザへリアルタイム送信したい

記事公開日:2015年7月8日
最終修正日:2016年12月26日

こんばんは。 今回は、なかなかできないので、ぼやきます。 Arduino からリアルタイムでデータを送信して、ブラウザで受けるということをやっていますが、なかなかうまくできません。 →ついにできました。最新記事をご覧くだ … 続きを読む Arduino からブラウザへリアルタイム送信したい

Webから取得した降水確率をI2C極小OLEDに表示してみました(Arduino)

記事公開日:2015年7月6日
最終修正日:2016年12月26日

ArduinoとEthernetShieldを使って、気象庁のホームページHTMLタグから天気予報の降水確率を取得して極小OLED(有機EL)に表示させてみました。

I2C極小OLED(有機EL)SSD1306に気象庁の天気予報を表示する実験

記事公開日:2015年7月5日
最終修正日:2016年12月26日

気象庁の天気予報をホームページから情報を取得し、有機EL(SSD1306)を使って表示する実験をやってみました。

I2C極小OLED(有機EL)SSD1306をスクロールさせたり、もうちょっと深堀りしてみました

記事公開日:2015年7月2日
最終修正日:2017年10月17日

OLED(有機EL)のSSD1306をライブラリに頼らず、自力でコマンドを解明してみました。中身がだんだんわかってきました。

I2C極小OLED(有機EL)SSD1306をArduinoでライブラリを使わずに動作させてみました

記事公開日:2015年7月1日
最終修正日:2017年10月17日

OLED(有機EL)のSSD1306の専用ライブラリは動作がとても重いので、それを使わずに一からプログラムを作ってみました。かなり高速に動作します。

極小有機EL(OLED)とLEDドットマトリックスを日本語漢字スクロール表示させてみました

記事公開日:2015年6月29日
最終修正日:2016年12月26日

極小OLED(SSE1306)とLEDドットマトリックスの電光掲示板を同時に表示させ、スクロールさせてみました。結構おもしろいです。