スポンサー リンク

ESPr Developer 32 ( スイッチサイエンス製 ) を使ってみました

記事公開日:2017年7月6日
最終修正日:2017年10月7日

スイッチサイエンスさんから ESPr Developer 32 ( ESP-WROOM-32 開発ボード )が発売されたのでレビューしてみました。突入電流を押さえるソフトスタートや FTDI 社製 USBシリアル変換を搭載したことにより、ESP32-DevKitC との違いについて検証してみました。

ESP-WROOM-32 ( ESP32 ) のUSB電源突入電流(インラッシュカレント)を考える

記事公開日:2017年3月8日

ESP-WROOM-32 ( ESP32 )の電源をUSB Vbusラインから取るときの突入電流 ( インラッシュカレント ) について考察してみました。USB 2.0 規格書を解釈して、電圧降下を330mV以下に抑えるために、負荷側のコンデンサ容量を10μF以下に設定して・・・

ESP-WROOM-32 (ESP32) の 電流 測定 その2

記事公開日:2017年2月28日
最終修正日:2017年10月7日

技適取得済み Wi-Fi & Bluetooth マイコン ESP-WROOM-32 ( ESP32 )の電流測定第2弾です。シャント抵抗でハイサイドとローサイド検出両方試してみました。USBポートやUSBケーブルによる電流値の違いも分かりました。要注意しなければいけないこと沢山・・・

ESP-WROOM-32 ( ESP32 )の消費電流を電流プローブ無しで測定してみました

記事公開日:2017年2月18日
最終修正日:2017年10月5日

技適取得済み Wi-Fi & Bluetooth マイコンモジュール ESP-WROOM-32 ( ESP32 ) の 電源 消費電流を電流プローブ無しで測定してみました。やはり思ったよりも大電流消費でした。LDO のADP3338 の凄さを実感しました・・・。

ESP-WROOM-32 ( ESP32 ) で Wi-Fi スマホ LED スイッチ作り

記事公開日:2017年2月14日
最終修正日:2017年11月25日

ESP-WROOM-32 ( ESP32 )が技適取得済みで発売されました。スマホから操作できる Wi-Fi LED スイッチを作ってみました。かなりの大電流が流れるので、LDO電圧レギュレーターにアナログデバイセズ ADP3338 を使ってみました。