スポンサー リンク

Circuit Simulator Applet のユニバーサル基板的な使い方

記事公開日:2017年9月23日
最終修正日:2017年9月24日

Webベースの Circuit Simulator Applet をユニバーサル基板的にパーツを展開して電流の流れをリアルタイムで表示させてみました。これでハンダ付けする前に配線間違いや短絡個所を確認することが出来ます。ハンダ付け作業が劇的に短縮でき、一発動作できて・・・

電流の流れがリアルタイムで分かるWebベースの 回路シミュレーター Circuit Simulator Applet 使用方法

記事公開日:2017年9月15日
最終修正日:2017年9月25日

Webベースの回路シミュレーター Circuit Simulator Applet の使い方をザッと解説してみました。電流の流れがリアルタイムで表示してくれて、アマチュアの私にとってはとっても分かりやすい。そして操作がとても簡単で直感的に回路を組むことができ・・・

波形発生器( AD9833 ) と ESP32 でサイン波を発生させ、電波時計を合わせる実験

記事公開日:2017年9月12日
最終修正日:2017年9月24日

アナログデバイセズ AD9833 と ESP-WROOM-32 ( ESP32 )で純粋なサイン波を発生させて、日本標準電波 JJY の搬送波を作り、AM変調して電波時計を合わせてみました。パルス波で出したものよりしっかり電波時計が受信してくれます・・・

ESP32 で波形信号発生モジュール AD9833 を制御して サイン波 を発生させてみる

記事公開日:2017年9月10日
最終修正日:2017年9月24日

アナログデバイセズの Wave Generator ( 波形信号発生器 ) AD9833 を ESP32 ( ESP-WROOM-32 ) で制御して、40kHz の綺麗なサイン波 ( 正弦波 )を生成させてみました。電波の搬送波やシンセサイザーの VCO の作成にとても有効です・・・。

ESP32 で 市販の 電波時計 を合わせてみた

記事公開日:2017年8月28日
最終修正日:2017年9月24日

ESP-WROOM-32 ( ESP32 ) のGPIO から 日本標準電波 JJY を疑似的に発信して、市販の電波時計を合わせてみました。Wi-Fi で NTPサーバーと同期して定期的に時刻を補正してます。Wi-Fi電波と混信せずに電波時計を合わせて・・・

ESP32 用 BME280 ( 温度 湿度 気圧センサー ) ライブラリを作ってみた

記事公開日:2017年8月16日
最終修正日:2017年9月24日

温度・湿度・気圧センサーの BME280 を ESP32 ( ESP-WROOM-32 )で動かす、I2C , SPI ライブラリを作ってみました。スイッチサイエンスさんの ESPr Developer 環境センサシールドを使う場合はいろいろと注意しなければいけないことが・・・

ESP32 デュアルコア ( マルチタスク )で、4つの News 記事を取得する電光掲示板を作ってみた

記事公開日:2017年8月5日
最終修正日:2017年9月25日

ESP32 ( ESP-WROOM-32 )の Multi Task ( Dual Core )を使って、フルカラー有機EL ( OLED )に Yahoo! Japan RSS ニュース記事を4種類、電光掲示板スクロールさせてみました。それぞれ全く別々の記事を停止させずに裏のCPUで SSL 記事を GET !

Yahoo ニュース、天気予報、NTP時計ガジェットを ESP32 マルチタスク ( デュアルコア )で動かしてみた

記事公開日:2017年8月2日
最終修正日:2017年9月25日

ESP32 ( ESP-WROOM-32 ) の マルチタスク ( デュアルコア )を使って、Yahoo ニュース、天気予報、NTP時計ガジェットを OLED ( 有機EL ) に表示させてみました。電光掲示板文字スクロールが停止せずに、裏の CPU で SSL ページの Web GET ができてます。

ESP32 マルチタスク(デュアルコア)で、電光掲示板スクロールを止めずに、別のCPUで Web GET できました

記事公開日:2017年7月31日
最終修正日:2017年9月25日

ESP32 ( ESP-WROOM-32 ) の マルチタスク ( デュアルコア )を使って、有機EL ( OLED )の電光掲示板スクロールを停止せずに、別の CPU core で SSL ページのニュース記事を GET することができました。ルート証明書も micro SDHC カードから読み込み・・・

Arduino – ESP32 WiFiClientSecure ライブラリで、安定して https ( SSL )記事をGETする方法

記事公開日:2017年7月25日
最終修正日:2017年10月7日

Arduino – ESP32 の WiFiClientSecure ライブラリを使って、SSL ( https )ページから記事を取得することが安定してできるようになりました。ルート証明書設定方法を勉強することにより、SSL通信が少し分かって来ます。サーバーから送られるデータを余すことなく受信することが大事。