M5Camera00

M5Camera をレビューしてみた。分解したり、Arduino IDE でスマホに映したりする実験

記事公開日:2019年3月9日


スポンサーリンク

M5Camera をザッと分解してみる

ある程度 Web に情報はあるのですが、こんなコンパクトなものはどうやって基板を構成しているのか知りたいので、やっぱり分解しちゃいました。
パッと見た目は、あまりにもネジが少ないので、ボディが接着剤で固定してあるのかと思いましたが、六角レンチでネジ2本を外してみると、意外と外せそうな予感がしたので、思い切って分解してみました。
※ただしちょっとでも無理をすると破損しますので、自己責任で分解して下さい。
当方では一切責任を負いません。)

まず、下図の様に 1.5mm の六角レンチでネジを2本外します。

m5camera20.jpg


次がドキドキだったのですが、下図の様に精密のマイナスドライバーで徐々にこじ開けるようにやっていくと、最終的にふとした拍子でパカッと空きます。
ここはくれぐれも慎重に!

m5camera21.jpg


すると、下図の様になっていて、ケースのはめ込み具合が分かると思います。
よく考えられていますね。

m5camera22.jpg


LEGO のアームを外すには、基本的に引っ張れば外れますが、破損しそうな予感がしたので、私は下図のようにマイナスドライバーで狭めながら引っこ抜きました。

m5camera23.jpg


引っこ抜いた LEGO のアーム側はこんな感じです。

m5camera24.jpg


次に、下図のように、コネクタ側の基板の端を精密マイナスドライバーで慎重に浮かせていくと、段々と基板が外れていきます。

m5camera25.jpg


こんな感じで今回は無事、破損も無く外すことができました。

m5camera26.jpg


下図の様にカメラはフラットケーブルだけで接続されていて、基板からは浮いていました。両面テープとかでさえも固定されていませんでした。
ですからケースが外し易かったです。

m5camera29.jpg


こちら側の面は ESP32 WROVER で埋め尽くされています。
スペースを効率よく使っている感じです。

m5camera27.jpg


技適マークは ESP32 WROVER には付いていませんね。
でも、M5Camere のケースシールに付いているので問題ありません。

今回は虫眼鏡で見ても、ICチップパーツは何を使っているのか良く分かりませんでした。

そして、裏側はこんな感じです。

m5camera28.jpg


今回は USB シリアルの定番チップ CP2104 と、カメラの OV2640 以外のパーツは良く分かりませんでした。
詳しくは M5Stack の GitHub ページに回路図があるので、そちらを参考にしてみて下さい。

https://github.com/m5stack/M5-Schematic/tree/master/Units/m5camera/schematic

とにかく、ギリギリの基板スペースを効率よく使っているように見受けられ、M5Stack社の努力が見て分かりますね。
自分もこういうものを作れるようになりたいと思ってしまいました。
とにかくスバラシイ!!!

M5Camera をクイックスタートで使ってみる

では、M5Camera をクイックスタートで使ってみます。
下図の様に、同梱されている取説にクイックスタートが書いてあるので、それを見ながら進めていきます。

m5camera08.jpg


クイックスタートは Wi-Fi ルーター不要です。
M5Camera 自身が Wi-Fi ルーターになっています。

まず、USB 電源を接続すると、下図の様に赤色の LED が点灯します。

m5camera09.jpg


しばらくすると、スマホの Wi-Fi アクセスポイント一覧に「M5Cam」が現れてくるので、それを選択して、Google Chrome などのブラウザで、

http://192.168.4.1

と入力します。
http:// を入れないと、ブラウザによっては、https でアクセスしてしまい、接続できませんので注意してください。
以下の動画のように表示されればOKです。

どうでしょうか?
動画の 02:18 あたりでフリーズしている様子が分かると思います。
でも、M5Camera のリセットボタンを押せばすぐ復帰します。

さすがに ESP32 WROVER の soft AP モードでは市販のルーターに比べて能力が劣るので、通信速度が遅いですね。
動画の途中で、タッチペンを振っていますが、映像の追従性もあまりよくありませんね。
でも、それなりに表示できているので、実用性は十分あると思います。

消費電流値も 140mA ~ 170mA というところで、ESP32 を普通に Wi-Fi 通信している時とそれほど変わりありませんでした。
でも、長時間使うと結構熱くなり、排熱が心配なので、短時間に済ませておいた方が良いですね。

では、次では M5Camera を Arduino IDE のサンプルスケッチを使って、STAモードで高速ストリーミングさせてみます。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*画像の文字を入力してください。(スパム防止の為)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください