無理かも・・・(WROOMとArduinoでWi-Fiストリーミング通信について)

記事公開日:2015年8月6日

こんばんは。
今回は残念ながら「無理かも・・・」という報告です。
ESP-WROOM-02とArduinoでWi-Fiでストリーミング通信をしようと、前回記事からずっと試行錯誤してたのですが、シリアル(UART)通信のATコマンドでは無理っぽいです。
ATコマンドではトランスペアレント通信があるのですが、Arduinoをクライアントではなく、サーバーにしてしまうと、トランスペアレントモードが使えないそうなんです。
→なんと、できちゃいました。!!
こちらの記事をご覧ください

WROOM(ESP8266)でServer-Sent Events を使って、iOSのSafariにリアルタイムストリーミングメーター表示できました。
(この情報は、amazonさんで販売しているマイクロテクニカさんが代理店のESP-WROOM-02を購入すると、詳しいATコマンドのマニュアルが見られます。)

スポンサーリンク

トランスペアレントモードがサーバー側でも可能ならば、WROOMのストリーミング通信も可能なのですが、これに対応してほしいところですね。
ブラウザではなく、専用のHTTPアプリや、サーバーアプリを使えばできるんですけど、やっぱりグラフィックなどのデザインが自由なブラウザで表示させたいです。
何しろ、どのスマホでもアプリ無しで表示できるというのが最大の魅力です。
以前の記事で、EthernetShieldを使って有線LANでブラウザとのストリーミング通信を行いました。
Arduinoのanalog IN の電圧をテキストやグラフィックでリアルタイム表示させたものでした。
ブラウザのHTMLでServer-Sent EventsのEventSourceを使ったものでした。
この有線LANをWi-Fiで実現したいのです。
(以下の写真をクリックすると、その記事に飛びます。)

ArduinoからiOSやAndroidブラウザへリアルタイムデータ通信(Server-Sent Events使用)ができました。

メーターをスクロールしてみました(ServerSentEvents使用from Arduino)

Canvas で残像効果を出して、アナログメーターっぽい表示(ArduinoからAndroidへServer-Sent Events使用)

やっぱり、カラフルだし、自分の好きなレイアウトが可能ですから、やっぱりこれをWROOM-02で実現したいですね。
これさえできれば、EthernetShieldは不要なんですが・・・
もし、どなたか、これができたら教えていただきたいです。
私も、時間があるときに極力チャレンジして、いつか何とか成功させたいと思っています。

実はできちゃったんです。!!
こちらの記事をご覧ください

WROOM(ESP8266)でServer-Sent Events を使って、iOSのSafariにリアルタイムストリーミングメーター表示できました。
この記事以降、また更に進展しました。
しかも、スマートフォンとWi-Fiリアルタイムストリーミング通信もできるようになりました!!

以下のリンクをご覧ください。
●双方向ストリーミング通信WebSocket でスマホから Arduino化 WROOM のLEDを調光してみる
●Arduino化 WROOM で WebSocket データ送受信方法
●Arduino化 WROOM で WebSocket ハンドシェイク 確立方法
(関連記事)
Wi-Fiリアルタイムストリーミング電圧計を作りました(ブラウザのServer-Sent Events使用)
Wi-Fi LEDスイッチがようやくできました。(ESP-WROOM-02とArduinoとAndroidブラウザ使用)
ESP-WROOM-02(ESP8266) とArduino UNO のシリアル(UART)通信で注意すること
ESP-WROOM-02(ESP8266)でブラウザにHello World を表示させてみました。(Arduino Android Wi-Fi接続)
ESP-WROOM-02(ESP8266)とArduinoでWi-Fi通信がやっとできました

[ホーム(home)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください