SDカードの画像ファイルを ESP-WROOM-02 の Wi-Fi で送信してスマホに表示させる方法

micro SD カードに保存した JPEG や BMP 画像ファイルを ESP-WROOM-02 ( ESP8266 ) を使ってWi-Fiで飛ばして、スマートフォンのブラウザに表示させてみました。Adafruit の micro SD カードスロット付き OLED ( 有機EL ) を使ってます。ボタン操作は WebSocket 通信で制御して、ブラウザのセレクトボックスを動的にファイル名を取得させて・・・

NTP時刻・温度・湿度・気圧データのSDカードロガー制作。日本語フォントもSDカードから読み込む ( ESP-WROOM-02 使用 )

ESP-WROOM-02 ( ESP8266 ) と 有機EL ( OLED ) SSD1351 と BME280 で NTP時刻・温度・湿度・気圧センサー値を micro SD カードに記録するロガーを作ってみました。更に、日本語漢字の東雲フォントもSDカードから読み込むようにしてみました。℃記号表示もできます。SPIFFSよりも表示速度が速いです。SPIモジュール連結はかなりの工夫が必要

温度・湿度・気圧のロガー的な簡易グラフ表示を作ってみた。 BME280, OLED ( SSD1351 ), ESPr Developer使用

BME280 温度・湿度・気圧センサー値をフルカラー有機EL ( OLED ) SSD1351 にグラフ表示させる簡易ロガーを作ってみました。ESPr Developer ( ESP-WROOM-02 ( ESP8266 ))を使って SPI 通信で制御してます。℃記号も表示できます。グラフプロットのインターバル間隔を増やせば24時間ロガーも可能です。

BME280 搭載、温度・湿度・気圧センサーを SPI で動かしてみた( ESP-WROOM-02 ( ESP8266 )使用)

温度・湿度・気圧センサー込みの小型デバイスBME280 を SPI通信で、ESP-WROOM-02 ( ESP8266 )で制御してみました。ライブラリを一切使わずに、データシートと照らし合わせて解説してみました。細かいキャリブレーション(校正)もできそうです。気象庁のアメダス表形式から海面更正気圧を入力すれば標高も表示させることができました。

Twitter 検索結果のツイートを有機EL ( OLED )に表示させてみた( ESP-WROOM-02 ( ESP8266 )、SSD1351 使用)

ESP-WROOM-02 ( ESP8266 )と有機EL ( OLED SSD1351 )で Twitter 検索したツイートを表示させてみました。まだ実験段階でたまにフリーズしますが、結構イイ感じです。3分毎にツイートを取得し、文字の色を変えたりして・・・

ESP-WROOM-02 ( ESP8266 ) で Adafruit OLED ( SSD1351 )をライブラリ無しで使う方法を解説

ESPr Developer ( ESP-WROOM-02 ( ESP8266 )) で Adafruit OLED ( 有機EL SSD1351 ) Breakout Board – 16-bit Color 1.5″をライブラリを一切使わずに動作させてみました。16×16ドットの文字を表示させてます。SPIライブラリも使えないので、GPIOを直接HIGH、LOW切り替えて送信しないと SSD1351 は動いてくれません・・・

Adafruit 16-bit フルカラー OLED ( SSD1351 ) を ESPr Developer ( ESP-WROOM-02 ) で動かしてみた

Adafruit OLED ( 有機EL ) Breakout Board – 16-bit Color 1.5″ を ESPr Developer ( ESP-WROOM-02 ( ESP8266 ))で動作させてみました。Adafruit標準ライブラリを使いましたが、普通にインストールしただけでは動作せず、ESP8266 用にライブラリを書き換えねばならず・・・