ESP32でhttpdライブラリを使うとMotion JPEG(BMP)動画ストリーミングが速い!

ESP32 で httpd ライブラリを使って、Motion JPEG ( BMP )動画ストリーミングをすると、自分で作ったプログラミングよりも3倍高速にできました。当然、ストリーミング中でもブラウザと双方向通信できます。これだけ高速化できれば十分です。

ESP32でビットマップ画像ファイルを生成し、ブラウザに連続送信してMotion JPEGならぬMotion BMP動画ストリーミングする実験

ESP32 でビットマップ(BMP)ファイルを生成し、WiFiで Motion JPEG ( MJPEG )でブラウザへ動画ストリーミング通信する実験をやってみました。ストリーミング中でもブラウザからコントロールできる双方向通信が実現できました。

Google Home と M5Stack と スマホ で双方向リアルタイム日本語通信する実験

Google Home と M5Stack とスマホで、Firebase Realtime database と IFTTT を使って、双方向リアルタイムの日本語メッセージをスクロール電光掲示板表示する実験です。3つのメッセージが表示されるので、3人でリアルタイムメッセージを交換するメッセージボードになります。文字色やスクロール速度も Google Home で喋って変えられ、スマホからもコントロールできます。

Blynk アプリで 遠方から スマホ とESP32 の双方向リアルタイム同時通信

Blynk を使って、ESP32 – DevKitC とスマホでリアルタイム双方向通信を実験してみました。LED を調光し、CdS 光センサーの値をスマホへ返すというものです。クラウドサーバーを介すので、地球の裏側からでも操作可能です。ハッキリ言ってこのアプリに感動しました・・・。

SoftAP モード対応しました。EasyWebSocketライブラリをbeta ver 1.39 にアップデート

ESP-WROOM-02 ( ESP8266 ) の Arduino IDE 用自作ライブラリ EasyWebSocket を SoftAP 対応にバージョンアップしました。今まではステーションモードで外部ルーターが必要でしたが、ソフトAPモードはESP-WROOM-02自身がアクセスポイントとなり、外部ルーターが不要になります。

EasyWebSocket BETA 1.3 をアップしました。

ESP-WROOM-02 (ESP8266) とスマートフォンブラウザとのリアルタイム双方向通信を実現する自作ライブラリをバージョンアップしました。 EasyWebSocket BETA 1.3  となります。主にハンドシェイク(コネクション確立)をブラッシュアップして、その他、 テキストボックスや瞬時ボタンなどを追加し・・・