スポンサー リンク

ESPr Developer 32 ( スイッチサイエンス製 ) を使ってみました

記事公開日:2017年7月6日
最終修正日:2017年10月7日

スイッチサイエンスさんから ESPr Developer 32 ( ESP-WROOM-32 開発ボード )が発売されたのでレビューしてみました。突入電流を押さえるソフトスタートや FTDI 社製 USBシリアル変換を搭載したことにより、ESP32-DevKitC との違いについて検証してみました。

ESP-WROOM-32 ( ESP32 ) のUSB電源突入電流(インラッシュカレント)を考える

記事公開日:2017年3月8日

ESP-WROOM-32 ( ESP32 )の電源をUSB Vbusラインから取るときの突入電流 ( インラッシュカレント ) について考察してみました。USB 2.0 規格書を解釈して、電圧降下を330mV以下に抑えるために、負荷側のコンデンサ容量を10μF以下に設定して・・・